アフィリエイト

アフィリエイト用語集【初心者向け】

アフィリエイト 用語集

アフィリエイト初心者の方に向けたアフィリエイト用語集です。

*元々私のメンバー宛に作ったものです

 

アフィリエイトの言葉を理解することは、アフィリエイトで稼ぐために必要不可欠なステップ。
分からない言葉を見つけたら、用語集でチェックして解決する癖をつけることをオススメします。

アフィリエイトで使用する言葉を覚えてしっかり意思の疎通をはかれる様にしましょう!

こちらの記事に書いてある内容・・・

あ行

アソシエイト

アフィリエイトと同義。
アマゾンなどはアフィリエイトをアソシエイトとうたっている。

アップロード

スマホやパソコンなどからファイルの種類に関わらず、インターネットを介してサーバーに送ること。

アドセンス

「Google AdSense」(グーグルアドセンス)のこと。

Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスで、自分(自社)のWebサイトに広告を掲載することで収益を得ることができる、クリック型の広告。

グーグルアドセンスはこちら

アドワーズ

「Google Adwords」(グーグルアドワーズ)のこと。

Googleが提供する広告管理・運用サービス。

グーグルアドワーズはこちら

アナリティクス

Googleが提供するアクセス解析ツールです。

登録したサイトのユーザーの行動に関するデータがわかる。

例:サイトの訪問者数、使われたデバイスなどのデータを計測することができる。

Googleアナリティクスはこちら

アフィリエイター

広告主と契約を結んで、アフィリエイト広告を掲載しているサイトを管理する人のこと。

アフィリエイト

サイト運営者がASP経由で広告主と提携し、広告を掲載しているサイトから商品を紹介して、成果が発生した場合に紹介料をもらうことができる仕組み。

アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)

広告掲載サイトと広告主の間を請け負う広告代理サービス。

例:A8.net、afbなど

アフィリエイト初心者におすすめのASP 一覧!失敗談も紹介

アフィリエイトASPおすすめ一覧
アフィリエイト初心者におすすめのASP 一覧!失敗談も紹介現在500人の生徒さんがいるコミュニティーの講師+少人数コンサルをやっているんですが、そこでよく聞かれる質問がコレ! 『どこのAS...

アフィリエイトサイト

サイト運営者が広告主に申請し、提携を結び広告を掲載している媒体(ブログ・サイト)を指す。

アフィリエイトプログラム

各広告主が運営する広告類のことを指す。

アルゴリズム

Googleをはじめとする検索エンジンが検索結果でWEBページにランキング付けをするための計算方法

Googleは「ユーザーが求めている情報をできるかぎり早く提供する」ということを目的として、頻繁にアルゴリズムのアップデートが行われるため、検索結果の変動が起こっている。

検索上位に表示させるためには、検索エンジン最適化を図り、ユーザーの求める情報を提供する必要がある。

RPM(アールピーエム)

1,000PV当たりの見積もり収益額を意味する。

つまり、広告が1000回表示されるとどれくらいの収益が見込めるのかの指標である。

RPMの平均値:200~300

ページRPMの計算方法

ページRPM=見積もり収益額÷PV数×1000

ページRPMの値を大きくしていく事が、報酬を大幅に上げることに繋がる。

ECサイト(イーシーサイト)

ネットを使ったモノやサービスの販売サイトのこと。

EPC(イーピーシー)

広告1クリックあたりの収益(稼げる金額)のこと。

アフリエイトプログラムを選ぶ際の指標として活用できる。

EPCの計算方法

EPC(1クリックあたりの収益)=アフィリエイト報酬金額÷広告クリック数

インストール

ハードウェアやソフトウェアをコンピュータ システムに導入し、使えるように設定すること。

intitle(インタイトル)

googleの検索窓に「intitle:複合キーワード」と入力した際に、複合キーワードが1つでも記事タイトルに含まれている記事の数を調べることができる。

「allintitle:」は、複合キーワード全てが記事タイトルに含まれている記事の件数。

intitle数が多く、allintitle数が少ないキーワードが狙い目。

(intitle:allintitleが5:1程度だと初心者が狙っても上位表示しやすい)

インデックス

検索エンジンのデータベースにサイトまたはページが登録され、検索にかかる状態になること。

インプレッション

自分の媒体に掲載した広告が表示された回数のこと。

インプレッション収益(RPM)

1,000PV当たりの見積もり収益額を意味する。

つまり、広告が1000回表示されるとどれくらいの収益が見込めるのかの指標である。

RPMの平均値:200~300

ページRPMの計算方法

ページRPM=見積もり収益額÷PV数×1000

ページRPMの値を大きくしていく事が、報酬を大幅に上げることに繋がる。

ヴィジュアルエディタ

ビジュアルエディタはいわゆるWYSIWYGエディタと呼ばれるもので、本文に設定した書式がそのままエディタ上で反映される。

テキストエディタでは、HTMLタグを使って表示される。

ウエブサイト

1つのドメインの中にあるページの集まりです。

例:企業サイト、個人ブログサイト

HTML(エイチティーエムエル)

WEBページを作成する際に、用いる言語のことです。

HTMLを使用することによって、文章の論理構造を示すことや、リンクを貼ることや画像を表示することが可能になります。

ASP(エーエスピー)

アフィリエイトサービスプロバイダのこと。広告掲載サイトと広告主の間を請け負う広告代理サービス。

例:A8.net、afbなど

アフィリエイト初心者におすすめのASP 一覧!失敗談も紹介

アフィリエイトASPおすすめ一覧
アフィリエイト初心者におすすめのASP 一覧!失敗談も紹介現在500人の生徒さんがいるコミュニティーの講師+少人数コンサルをやっているんですが、そこでよく聞かれる質問がコレ! 『どこのAS...

SEO(エスイーオー)

日本語で検索エンジン最適化と呼ばれる。Search Engine Optimizationの略。
検索エンジン内で検索結果の上位に表示させるために色々な対策を行うこと

ブログの記事タイトルの付け方はこれだ!SEOを意識しつつユーザーの心をキャッチ!

Allintitle(オールインタイトル)

googleの検索窓に「allintitle:複合キーワード」と入力した際に、全ての複合キーワードが記事タイトルに含まれている記事の件数を調べることができる。

「intitle:複合キーワード」は、複合キーワードが1つでも記事タイトルに含まれている記事の件数。

intitle数が多く、allintitle数が少ないキーワードが狙い目。

(intitle:allintitleが5:1程度だと初心者が狙っても上位表示しやすい)

か行

回遊率(かいゆうりつ)

回遊率とは、一人のユーザーがホームページ内のページをどれだけ閲覧したのかを表す指標。

回遊率は、1訪問あたりのページビュー数(PV/1訪問)で表す

回遊率は、ホームページ内の複数ページにうまく誘導できているかを判断する重要な目安であり、回遊率が高いほど、ページビュー(PV)数が増え、最終的な成果や目標(コンバージョン)に到達する機会が増える。

キーワードプランナー

キーワード プランナーは、検索ネットワークにおける広告掲載に役立つツール。

キーワードの候補やトラフィックの予測データを確認できる。

例:ユーザーが特定のキーワードを検索した回数、そのキーワードの競合性など、過去のデータの確認。

キャッシュ

キャッシュとは、一度アクセスしたページのデータをWEBブラウザ上に一時保存し、次に同じページにアクセスした場合に早く表示させる仕組み。

キュレーションサイト

特定のテーマに絞って整理された情報をまとめたサイト。まとめサイトなどとも呼ばれる。

例:NAVERまとめ

キラーページ

直訳すると「着地ページ」という意味。

ユーザーに対して問合せや購入などのアクションを促すことに特化したページのことを言う。

セールスレターのように上から下まで一直線で読ませるページで、途中に興味を引く画像や写真などを効果的に配置しその先を更に読ませ、興味を持たせて最後に購入(コンバージョン)に導く。

LP(ランディングページ)とも呼ばれる。

Cookie(クッキー)

サイトを訪問した時にサーバーがPCに一時的に保存するファイル。

クッキーに保存されている期間はクリックされた広告主のサイトに再訪問してアクションを起こせば成果につながる。

有効期限は広告によって異なる。

クッションページ

記事に直接商品リンクを貼るのではなく、各記事とLPを中継する、橋渡しのような記事のこと。

しっかりと導線を作理、クッションページで教育をすることで成約に繋げる。

グーグルアドセンス

「Google AdSense」(グーグルアドセンス)のこと。

Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスで、自分(自社)のWebサイトに広告を掲載することで収益を得ることができる、クリック型の広告。

グーグルアドセンスはこちら

クリック単価

1クリックあたりの単価を指す。CPC(シーピーシー)とも呼ばれる。

アフィリエイト広告によって単価は様々。

クリック保証型報酬

広告がクリックされた回数により支払われる課金方式。
クリック単価は様々。

例:グーグルアドセンス

クリック率

あなたのサイトを訪れたユーザーが、どの程度の割合で広告をクリックしているのかを
把握するための値。CTRとも言われる。

CTRの計算方法

CTR=クリック数÷表示回数

CTRの値の平均は1%だと言われている。

クローム

「Google Chrome (グーグルクローム)」。Googleが2008年に公開したWebブラウザ。

検索エンジン

情報を検索するシステム。特に、インターネット上の情報を検索するシステム。サーチ エンジン。

例:google、yahooなど

広告主

広告の出資者の事。広告を配信し、報酬を支払う企業や個人を指す。

例:ASPなどに自社商品などを登録している企業や個人、グーグルアドワーズなどに出稿している企業や個人。

広告承認

広告主に自分のブログ・サイトを通じて提携申請を行い、広告主から掲載許可が下りること。

コンテンツ

直訳で「内容」や「中身」という意味。

Webサイトで使われている意味としてはただ単に内容を指すだけではなく具体的な「情報の中身」を表し、そこに含まれる情報が重要視されている。

コンバージョン

CV(シーブイ)とも言われる。

アフィリエイトサイトから誘導した訪問者が、広告を通じて提携サイトで会員登録を行ったり、サービスを申し込みした時にいう「成約」のこと

さ行

サイト設計

サイトの全体図のこと。

  1. テーマ(ジャンル)
  2. ターゲット(誰に向けて発信するか)
  3. マネタイズ方法(アドセンスやASPなど)
  4. カテゴリ設計
  5. 記事設計

①〜⑤を明確にし、サイトを設計することで、読者にとって読みやすく、ターゲットの共感を得るサイトを作ることができる。=収益化しやすいサイトを作ることができる。

サーバー

ネットワーク上で情報(データやサービス等)を提供しているハードウェアが搭載された機器を指す。

例:エックスサーバーなど

サジェスト

検索窓にキーワードを入力した際に、一緒に検索されやすいキーワードを自動で表示する機能です。このようにして表示されたキーワードをサジェストキーワードと言う。

サチコ

サーチコンソール(Search Console)のこと。

Googleが提供するWebサイト管理者向けの無料ツール。

Googleが登録した自社のWebサイトをどのように認識しているかという情報を提供してくれます。Googleからの認識を把握することで、よりよいSEOの対策が可能になる。

サーチコンソールはこちら

サテライトサイト

メインとなるサイトへのリンクを増やすために自分で作るサブサイトのこと。

サテライトサイトを複数作り、メインサイトにリンクを張ることで、メインサイトの被リンク数を増やして順位を上げることを狙うもの。

サファリ

アップル社が開発しているWebブラウザーのこと。

CSS(シーエスエス)

Webページのスタイルを指定するための言語です。

Webページの見た目とは文字の大きさや色、背景色のことを指し、HTMLと組み合わせて使用します。

自己アフィリエイト

広告商品を自分で購入し、報酬を得ること。自己アフィリエイトNGの広告主もある。

CTR(シーティーアール)

あなたのサイトを訪れたユーザーが、どの程度の割合で広告をクリックしているのかを
把握するための値。クリック率とも言われる。

CTRの計算方法

CTR=クリック数÷表示回数

CTRの値の平均は1%だと言われている。

自動承認

広告主がこちらのサイトの内容を確認せずに、すべて自動的に承認されるようになっていること。

CPC(シーピーシー)

1クリックあたりの単価を指す。クリック単価とも呼ばれる。

アフィリエイト広告によって単価は様々。

CV(シーブイ)

コンバージョンとも言われる。

アフィリエイトサイトから誘導した訪問者が、広告を通じて提携サイトで会員登録を行ったり、サービスを申し込みした時にいう「成約」のこと。

CVR(シーブイアール)

コンバージョン率。Webサイトに発生したアクセスのどれだけがサイトの成果=コンバージョン(商品の購入や申込み)を達成したかの割合を表す指標。

通常は、サイトを訪れた人全体のなかで、何人がコンバージョンに至ったかの率を示す。

CVRの計算方法

CVR = コンバージョンに至った人の数 ÷ サイト全体の訪問者数

CV記事

コンバージョンを狙った記事のこと。

キラーページやLPページとも言われる。

商標サイト

商標アフィリエイトとは、「商品名 + ◯◯」といったキーワードで検索するユーザーをターゲットにしたアフィリエイトサイトを作成する手法。

例:「商品名 + 価格」

「商品名 + 最安値」

「商品名 + 評判」

「商品名 + 口コミ」

承認率

広告に対する注文数に対し、その注文が承認された率。

情報商材

情報商材とは成功者が成功した方法などを情報として販売しているもの。

ショートカットキー

キーボード上の複数のキーを同時に押すことでアプリケーションの操作を行うこと。

例:[Ctrl] +「S」 → 上書き保存(Save)
  [Ctrl] +「C」 → コピー(Copy)

ショートレンジネタ

短期的に爆発的にPVを集めることが出来るネタ。

1日から数日しかアクセスを集めることが出来ないが、大量のアクセス流入が見込める。

例:芸能人の電撃婚、時事問題など

スカイプ

インターネット電話サービスのこと。

サーバーを介さず直接相手のパソコンと通信することができる。

スカイプのダウンロードはこちら

成果報酬型広告

自分のブログ・サイト・メルマガなどから提案した商品の購入やサービスの申し込みなど成約に至ったら支払われる課金方式。

商品の購入やサービスの利用などの成果に応じて報酬が支払われる。

セッション

ユーザーがホームページを訪れた回数のこと。
ユニークユーザー(UU)と混同しやすいが、同じ人が5回訪問するとUUは1で、セッションは5となる。

ソーシャルブックマーク

ネット上の色々な人によって公開や共有されるウェブサイトのブックマーク。

例:はてなブックマーク

た行

滞在時間(たいざいじかん)

サイトにユーザーがどれくらい滞在していたかを測る尺度。

これによりユーザーの興味度などを推測できるため、サイト改善のヒントを得る上で大切なデータ。

タグ

ブログ内の記事をジャンル分けする機能を指す。
カテゴリよりも細かく分類することができ、ブログを読む側からすれば、読みたい記事を
タグ検索で簡単に見つけることができる。

タスク

課された仕事。課題。

チャットワーク

ビジネスコミュニケーションに特化したチャット ツール。

チャットワークの登録はこちら

中古ドメイン

過去に利用されていたドメイン。

新規でドメインを取得してサイトを作るよりも検索エンジンに評価される場合が多々ある。

新規ドメイン等々も混ぜてサイトを作りつつ、併用して展開するのが無難だと言える。

直帰率(ちょっきりつ)

ユーザーがサイトやブログをみてすぐに帰る(ページを閉じる)割合をさす。

直帰率が高いという事はサイトやブログの改善点が必要であることを表す指標にもなる。

ツーティアプログラム

ツーティアは「2階層」の意味で、2段階まで報酬が支払われる方式。他にスリーティアなどもある(3段階)。

ツール

サイト作成やアフィリエイト作業を効率化する道具のこと。

例:GRC(検索順位のチェックツール)

テキストエディタ

テキストエディタは、HTMLタグを使って表示される。

ビジュアルエディタは、本文に設定した書式がそのままエディタ上で反映される。

テキストリンク

文字でリンクを貼ること「→詳細はこちら」など

テキストのみで構成された広告のこと。

テンプレート

気軽にウェブページが作成できるようになっているページデザイン、レイアウトのこと。

「テンプレ」と省略して表現されることもある。

ドメイン

サイトやブログの住所で、無料と有料がある。
URL「http://www○○○.△△△.」の「www」以降の部分。

特化型ブログ

ジャンル(テーマ)を選び、それについて記事を書いていく手法。

1つのモノゴトに特化した”専門的”(辞書のような)ブログのため、検索エンジンの評価を得やすい。

ジャンルの例:筋トレ、iPhone、美白、バスケの上達方法など。

特別単価

ある程度の成約をとれるアフィリエイターに与えられる報酬設定。
自分からASPに交渉して得る場合と相手側から連絡が来る場合の両方がある。

独自ドメイン

有料で取得する自分専用のドメインのこと。
「ネット上の住所」と例えられることが多く、「バリュードメイン」や「お名前com」などで購入できる。

トレンドアフィリエイト

需要のある旬なキーワードを狙って大量のアクセスを流入させるアフィリエイト手法。

需要のある旬なキーワードとは、「時事性の高い話題」や「新しい概念」、「新しい用語」などに関して、『爆発的に検索回数が増える』かつ『競合がいない』キーワードのことを指す。

例:時事ネタ、芸能ゴシップ、新商品、季節ネタなど

な行

内部リンク

同じブログやサイト内でページをリンクしあうこと。
内部リンクを張り巡らせることで、訪問者の滞在時間のUPやPVの増加に繋がる。

訪問者の滞在時間は、検索エンジンは評価対象の基準となる。

自分のブログから他のサイトのリンクを貼ることは「外部リンク」という。

ニッチ

マーケティングでよく使われる語句。
「ニッチ」=すきまを意味する。

アフィリエイトでよく言うニッチとは他のサイトが行ってないコンテンツの作成や、マニアックなキーワードのサイトなどを指すことが多い。

は行

バズる

ツイッターやフェイスブックなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やブログなどを通じて、特定の話題が一気に拡散し、各方面で話題になる事を意味する新語。

バックリンク

「被リンク」と同じ意味。あるホームページが他のホームページにリンクをはられた状態を指す。

発リンク

自分から他のサイトやブログにリンクを貼るで、外部リンクとも言う。

外部のサイトへ向けてリンクすること。

バナー

他のホームページを紹介する役割をもつ画像のこと。
バナーをクリックすると別のホームページに移動するようになっている。

パンダ・アップデート

既に他人が公開している内容をコピーしたり、中身の質と量の少ないサイトの評価下げるアルゴリズム変更。

ビジター

サイトの訪問者。サイトを利用するユーザー。

ビックキーワード

検索回数が多いキーワードを「ビッグキーワード」と呼ぶ。

ビッグキーワードで検索上位をとると多くの検索流入に期待ができるが、競合が多いため上位表示させるのは難しい。

ビッグキーワードに対して、より具体的で検索回数が少ないキーワードを「スモールキーワード」と呼ぶ。

例:ビッグキーワード「脱毛」

スモールキーワード:「脱毛 メンズ おすすめ」

PPC(ピーピーシー)

クリック課金方式の有料広告のこと。
具体的にはヤフーやグーグルの検索結果が表示された時にページの上側、もしくは右側に表示される広告を指す。

PV(ピーブイ)

サイトの閲覧数のこと。

ページが1回表示されると1ページビューとなる。PVが多いと検索エンジンの評価も上がる。

PV記事

多くのアクセスを集めるための記事。集客記事とも言う。

被リンク

「バックリンク」と同義。

あるホームページが他のホームページにリンクをはられた状態を差す。

外部のサイトからリンクを受けること。

Ping送進(ピング)

ブログ更新時にPingサーバーに更新したことを知らせること。

ここからのアクセスは多いので無料ブログを開設する際Pingの設定をきちんとする。

Fetch as google(フェッチアズグーグル)

Googleのサーチコンソールの機能の1つ。

「Fetch as Google」を利用することで、Googleに記事をインデックスするよう依頼することができ、新しい記事をいち早くインデックスしてもらい検索結果に反映させることが可能となる

サーチコンソール

複合キーワード

2つ以上のキーワードの組み合わせを差す。ロングテールキーワードとも言われる。
2つ以上のキーワードだとライバルが少なくなる上、検索意図が汲み取りやすくなるため、検索意図に適したコンテンツを作成しやすい。

2語、3語、4語キーワードがあり、初心者は4語キーワードを狙うと上位表示させやすい。

例:「スノボ 持ち物 女子 日帰り」(複合キーワードで4語キーワード)

ファーストビュー

サイトにアクセスしたユーザーが最初に目にする部分。
ユーザーが先を読むかどうかはこの部分で判断されるケースも多い。

フッター

サイトやブログのページ下部分を指す。

ブラウザ

インターネットを見るためのソフト。
初期状態ではIE(インターネットエクスプローラー)。
アフィリエイターはFirefox、Google Chromeを利用する場合が多い。

プラグイン

プラグインとは、ワードプレス(WordPress)をカスタマイズするためのプログラムのこと。

例:「お問合せフォームを設置するためのプラグイン」や「ユーザーを管理するためのプラグイン」、「SEO対策をやりやすくするプラグイン」など

ブラックハットSEO

Googleが禁止している方法を使用して、不正な方法でランキングを高める戦略で、ブログに意図的に被リンクを送るなどして、検索順位を押し上げる手法。

ブログのコンテンツの質が低いとペナルティを受け、ブログが圏外に飛ぶ危険もある。

高品質なコンテンツを作成して、ブラックハットSEO手法を行えば、大きく稼ぐことが可能。

対義語:ホワイトハットSEO

ブルーオーシャン

ライバル(競合)のいない市場をさす。対義語は「レッドオーシャン」

ブログ

インターネット上の日記的なホームページのこと。
ウェブログの総称。

プロバイダ

供給者、提供者を意味する。

例えばインターネットプロバイダなら「BIGLOBE」「So-net」「OCN」「ヤフー」などがある。

フロントエンド商品・バックエンド商品

顧客にとって購入のハードルが低い物がフロントエンド商品。

フロントエンドを購入してもらった後に、集客本命の商品であるバックエンド商品を購入してもらう。

ペイパル

クレジットカードや銀行口座で支払いと受け取りが簡単にできるオンライン決済サービス。

ページビュー(PV)

ページが閲覧されること、またその回数。
同じ人が10ページ見たとしてもカウントされる。

ページランク

Googleが採用しているWebページ評価の指標の一つ。0~10の全部で11段階。
ページランクが高いコンテンツからリンクを受けると良いと言われている。

ヘッダー

ブログやサイトのページ上部分を指す。

ペラサイト

1ページだけのサイト。

キーワードによりペラサイトでも上位にあがる・あがらないなど色々と言われている。

ペルソナ

詳細に設定した顧客のプロフィールを定め、人物像への理解を深めることで『マーケティング方針を統一する手法』。

ペンギンアップデート

過剰な自作自演の外部リンクに対するアルゴリズム変更。
リンク数よりもリンク元やリンク先の中身を重要視する傾向にある。

ポータルサイト

ヤフーのように様々な情報を網羅しているサイトのことを差す。

ホワイトハットSEO

ホワイトハットSEOとは、Googleのアルゴリズムやガイドラインに沿ってウェブサイトを構築することです。

様々な項目があるが、目指すところは コンテンツを充実させて、魅力あるサイトにするというところ。

対義語:ブラックハットSEO

ま行

マインドセット

物事に対しての考え方、心構え。

どんなに素晴らしいテクニックやノウハウがあってもそれを利用する人間の考え方が間違っていれば成果はでない。

一般に成功者と言われる人達はマインドセットが重要であると考えている。

ミドルレンジキーワード

ショートレンジキーワードよりも長い期間アクセスを集めることができるキーワード。

ショートレンジほどの爆発力はないが、ブログのアクセスアップに繋がり、サイトパワーを押し上げることができる。

例:季節に関するキーワードなど

虫メガネキーワード

yahooの検索窓にキーワードを入力した際に出てくるキーワード。

虫メガネキーワードは過去に検索されたワードが出現しているので、虫メガネキーワードを利用して記事を作成することで、アクセスの集まる記事を書くことができる。

や行

URL(ユーアールエル)

URL(ユーアールエル)は「Uniform Resource Locator」の略になります。一言で言うと「インターネット上のファイルの住所」。

例:http://○○.jp/△△.html

UU(ユニークユーザー)

決まった集計期間内にウェブサイトに訪問したユーザーの数を表す数値。

集計期間内なら同じウェブサイトに同じユーザーが何度も訪問した場合でも、1UUとしてカウントされる。

例:Aさんは昨日と今日の3回サイトに訪れて、合計9ページ閲覧。

Bさんは今日だけサイトに訪れて5ページだけ閲覧。

この場合のこのサイトは、UU数は2UU、セッション数は4、PV(ページビュー)数は14PVというアクセス数値となる。

ら行

楽天アフィリエイト

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)の一つで楽天が運営するASP。楽天市場の商品が掲載できるのが特徴。

ランディングページ(LP)

サイトやブログの中で成約を目的としたページを指す。
「キラーページ」とも表現される。

リード文

記事の冒頭部分。その記事で伝えたいこと、問題提起、記事の前提となる情報などを記す。

リスティング広告

検索エンジンの検索結果で、上位部分やサイドバーなどに表示される有料のテキスト広告。グーグルアドワーズやオーバーチュアなど。

リライト

ある文章を書きなおして別の文章にすること。

リンク切れ

自ページに設置してあるリンクの遷移先がHTTPステータスコードで404 Not Found 等によりアクセスすることが出来なくなっている状態を指す。

レッドオーシャン

ライバル(競合)だらけの市場をさす。対義語は「ブルーオーシャン」。

レビュー

レビューは体験したことをもとに批評することをさす。

同じような意味の口コミは、噂程度の信憑性=自分は体験していないことである。

レビューサイトは評価がされやすい傾向にある。

レンタルサーバー

インターネット上にサイトを公開するためのスペースのようなもの。
無料、有料のサービスがある。

ロングテールキーワード

複合キーワードとも呼ばれ、ユーザーのニーズがより具体化されたキーワードのことをロングテールキーワードと呼びぶ。

1年を通していつでもアクセスを集めることができるため資産化しやすい。

アクセス数は少ないけど、ライバルが弱いキーワードでたくさん記事を作り、細かいアクセスを大量に集めようというのが、ロングテールキーワード戦略。

2語、3語、4語キーワードがあり、初心者は4語キーワードを狙うと上位表示させやすい。

例:「スノボ 持ち物 女子 日帰り」(複合キーワードで4語キーワード)

わ行

ワードプレス

ブログを作成するためのソフト。

HTMLファイルを作る必要はなく、専門知識がなくても更新することができる。