ブログ

ブログのリライトでタイトル変更してクリック率を上げる超具体的な手順

タイトルのリライト方法

「記事が上位表示されているのにクリック率が低い気がする⋯」
その原因は、『ユーザーがタイトルに魅力を感じていないから。』です。
既に上位表示されている記事のクリック率を上げるには、ユーザーに記事を読みたいと思わせる魅力的なタイトルにすることが重要です。
こちらの記事では、既に上位表示されている記事のクリック率を上げるタイトルリライト方法を具体的にご紹介します!

クリック率を上げることでグーグルに評価され結果的に上位表示にも繋がると考えられます。

順位ごとのクリック率一覧

下記データは2017年Googleでの検索順位別クリック率です。

↓  ↓  ↓

検索順位 クリック率
1位 21.12%
2位 10.65%
3位 7.57%
4位 4.66%
5位 3.42%
6位 2.56%
7位 2.69%
8位 1.74%
9位 1.74%
10位 1.64%

出典:https://seopack.jp/seoblog/google_ctr_2017/

1位〜10位までの合計が59.43%です。

上位3位に入らなくても、7位までは2%以上流入があるわけです。

なので、10位内に入っている記事がある場合は、自分が書いた記事のクリック率がどれくらいなのかをチェックをしておきましょう。

 

自分の書いた記事が順位に対して、どれくらいのクリック率があるのかを調べる方法は、下で解説していきます。

 

キーワードごとにクリック率を確認する方法

クリック率をチェックする際に使うツールが、Googleサーチコンソールの検索アナリティクス(現:検索パフォーマンス)です。

 

1、サーチコンソールを開く

サーチコンソールでクリック率を調べる

アフィリエイトを始めたばかりでまだサーチコンソールの登録をしていない方は、まず登録をしましょう。

今回の使い方以外にも、記事投稿後にサーチコンソールをこまめにチェックしていると、ユーザーの思考が見えてくるので、リライトや修正をする際にもオススメです。

 

2、日付けを変更する

サーチコンソール日付けの設定

過去28日や過去3ヶ月(初期設定はこれ)、もっと長い期間に設定することもできますが、最近はアルゴリズムの変動が激しいため私は過去7日間に設定してチェックしています。

 

3、クエリを表示回数に切り替える

クエリの表示回数順に変更する

クエリの状態で、表示回数の文字をクリックして、表示回数の多い順に並び替えます。

検索結果が10位以内の記事のタイトルを修正したいのに、掲載順位順ではなく表示回数順に並び替える理由としては、いくら検索順位で上位を取っていても、そもそも誰からも検索されていなければ、タイトルを修正したところでクリック数がそれほど増えないからです。

 

また、自分が狙ったクエリよりも表示回数が多いクエリがあった場合は、狙うクエリ自体を表示回数の多いクエリに変更すると、更に需要のあるキーワードで上位表示が狙えます。

 

4、タイトルを変更する記事を探す

検索順位に対してのクリック率とCTRを比較する

上でご紹介した『順位ごとのクリック率一覧』と、実際に自分が投稿した記事(クエリ)の検索順位に対してのCTRを比較して、自分の記事(クエリ)でクリック率(CTR)が低いものを探します。

 

5、ページに切り替え、記事に飛ぶ

クエリからページに変更

表示回数が高く、検索順位に対してCTRが低い記事(クエリ)を見つけたら、検索キーワード欄のキーワードをクリックします。

その状態で、クエリからページに切り替えると、画像のように記事に飛ぶことができるので、そこからタイトルを変更していきましょう!

 

次は、クリックされやすいタイトルの変更方法を解説します。

 

クリック率を上げるための7つのタイトルリライト方法

クリック率が低い記事が見つかったら、次はタイトルを変更しましょう。

その際に抑えておきたい7つのタイトルリライト方法をご紹介します。

 

  1. 基本的にはキーワードを変更しない
  2. キーワードをたくさん入れない
  3. タイトルは32文字以内におさめる
  4. 重要なキーワードを左詰にする
  5. 数字を入れる
  6. 煽る言葉を入れる
  7. 記事内容からずれないようにする

 

基本的にはキーワードを変更しない

『歯の痛み 原因 ストレス』

↓  ↓  ↓

✖️『歯の痛み 原因 歯茎』

狙い方や基本的な対策が間違えていなければ最初の記事作成時に決めたキーワードではある程度上位表示しているはずです。

そこからキーワードを変更してしまうと、当然順位が変動してしまうので、狙ったキーワードは基本的に変更しません。

*ただし『表示回数順でソート』したのに狙ったキーワードでは全然表示されていないなどの時はキーワードを変更する場合もあります。

キーワードをたくさん入れない

たくさんキーワードを詰め込みすぎると、Googleからスパム扱いされてしまう可能性があります。

メインのキーワードにプラス1〜2個位を目安にしておきましょう。

 

タイトルは30文字前後におさめる

タイトルの文字数は30文字前後

タイトルの文字数は30文字前後におさめましょう。

文字数が少な過ぎては、もっとユーザーにアピールできるのにもったいないですし、多過ぎてしまってはタイトルが途中で切れてしまって伝え切れないという事になります。

このタイトルの文字数に関しては、今回のような修正だけではなく、新規で記事を投稿する際も意識しましょう。

 

重要なキーワードを左詰にする

ブログ 見出し 書き方

タイトルに入れるキーワードは、左から重要度が高くなります。

そのため、狙っていないキーワードを左に持ってきてしまってはSEO的に弱くなってしまいます。(順序を入れ替えることにより検索意図が変わる場合があるため)

 

また、狙ったキーワードの間にもできるだけ他のキーワードを入れないようにしましょう。

ただし、狙ったキーワードの間に他のキーワードを入れないと日本語がおかしくなり、クリック率が下がってしまうようなら入れた方がいいですね。

 

数字を入れる

〇〇のオススメ3選!

〇〇になってしまう5つの原因

◯◯になれる7つの法則

このようにタイトルに数字を入れる事で、人間の心理が働きクリック率が上がりやすくなります。

特に、クリックされやすいのが奇数で、さらに細かくいうと『3、5、7』です。

 

逆に、内容にもよりますが『おすすめランキング20!』など、大きい数字を入れてしまうと、ユーザーは結局上位の内容を知りたいので、そんなに情報はいらない!とクリック率を下げてしまう事もあります。

 

煽る言葉を入れる

やってはいけない3つの行動

知らないと損する7つの〇〇

ダイエットは逆に太る!〜

煽り言葉を入れることで一気にタイトルがキャッチーな印象になりますし、心理的にも内容が気になる!とクリックしたい気持ちになります。

また、上記のようにネガティブな文章にした方が、不安感が増してクリック率も上がるとされています。

 

ただし、タイトルに嘘や過剰な煽り言葉を入れないようにしましょう。

ユーザーの信頼を失ったり、記事の内容に関わっている人を傷付けてしまったりということになりかねないので注意が必要です。

 

記事内容からずれないようにする

記事を作った時は記事の内容とタイトルがズレていなくても、時間が経ってからタイトルを修正するとなると、記事の内容も忘れてしまう事もあるでしょう。

 

タイトルの内容と記事の内容がズレてしまうと、ユーザーがせっかく訪問してくれたのに求めている答えを見つけることができず、離脱率が上がることでGoogleから内容の薄い記事と判断されて順位を落とされてしまいます。

 

最初に設定したクエリではなく、検索回数の多いクエリに変更する場合も、記事内容と異なってしまわないように注意が必要です。

 

タイトルを変更する際は、一度記事の内容に目を通すことをオススメします。

 

おわりに

記事を投稿した後で必ず順位やクリック率などをチェックしましょう。

記事は投稿したら終わりではなく、修正を重ねることでどんどん強くすることが可能なのです。

<タイトル修正の流れ>

  1. 自分の記事の検索順位をチェックする
  2. クリック率をチェックする
  3. CTRが検索順位に対しての平均クリック率よりも低い記事のタイトルを修正する

 

そして、タイトルを修正して1週間ほど経ったら、必ずクリック率の変動をチェックしましょう!

思ったように改善していなかったらまた修正を繰り返して強い記事・サイトを作っていってください。