アフィリエイト

ブログ導入文とディスクリプションのテンプレはこれ!

記事作成の中で導入文作成がとにかく苦手!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

「ユーザーの心を掴む導入文を書きたい⋯」

「テンプレートがあればイメージしやすいのに⋯」

 

など、導入文で何を書くのが正解かわからない!という方も多いはず!

 

実際に私がまさにこの状態になっていて、記事作成で導入文が一番苦手でした(汗)

 

ですが、いくつかのポイントがわかったら、一気に悩みが解決してスラスラと導入文を作成することができるようになりました。

 

なので今回は、

  • 導入文作成のポイントとテンプレート
  • ディスクリプション作成のポイントとテンプレート

も合わせてご紹介します!

 

これであなたも導入文やディスクリプションに時間をさくことがなくなるり、記事作成も楽になるはずです♪

 

ブログ導入文とディスクリプション作成のタイミング

記事を何記事も書いていくと、自分なりのやりやすい記事作成の流れができてくると思いますが、まだアフィリエイトを初めて間もない方は参考にしてみてください。

 

私が推奨している記事作成の流れは以下の通りです。

  1. タイトル(h1)
  2. 記事の組み立て(h2以降)
  3. 文章作成
  4. まとめ作成
  5. 導入文作成
  6. ディスクリプション作成

 

ユーザーからは始めに読まれる導入文ですが、一番はじめに書くとなると悩んでしまいますし、なんとなくふんわりした導入文になりがちです。

 

ですが、全て作成した後で記事の内容のさわりを書いてあげると、中身のある導入文を作りやすくなりますし、ユーザーの心にも刺さりやすくなります。

 

例えば、テレビ番組の予告を思い出してください。

 

テレビ番組の次回予告は、すでに収録済みの映像を流しているため、次回の内容が具体的に見えて次回の放送が楽しみになりませんか?

 

これと同様に、導入文も記事の内容を少し具体的に書いてあげると、ユーザーもその後にある記事の内容に興味を持ってくれやすくなります。

 

導入文を最初に書いている方は、最後の方で書くというやり方を是非試してみてください。

 

導入文のテンプレートはこれ!

導入文を作成する時のポイントと、テンプレートを合わせてご紹介します。

 

導入文作成のポイント

テンプレートの前に、まずは導入文作成において抑えておきたいポイントをご紹介します。

 

メインキーワードを2回以上入れる

記事のメインキーワードを導入文に最低でも2回以上入れましょう。

 

ユーザーの検索したキーワードが導入文に入っていると、自分が知りたい答えがこの記事にはありそう!と読み進めてくれる可能性が上がります。

 

また、本文中にも意識的にキーワードを入れて記事作成をされると思いますが、そうすることで記事の内容がブレにくくなりますよね。

 

それは導入文も同じことが言えるのです。

 

ペルソナを設定する

ターゲットは絞った方が心に響きやすくなり、「この記事を読んだら悩みが解決するかも!!」と記事を読み進めてもらいやすくなります。

 

ターゲットを絞るのが難しい記事もありますが、大抵はニーズに合わせて年齢層や性別を分けることができます。

 

細かくターゲットを絞っていくことで、よりユーザーにささる導入文を作ることができますよ。

 

(例)

  • 性別は?
  • 年齢は?
  • 職業は?
  • 休みの日の過ごし方は?
  • 年収は?
  • 結婚している?子供はいる?

 

権威性を持たせる

権威性とは、医者・政治家・研究家など、専門家の言葉には説得力がありますよね。

 

ただ、そんなしっかりとした肩書きなどは入りません。

 

ちょっとだけ経験したことがある⋯などでも十分です!

その経験談や知識をユーザーは知りたいのです。

 

(例)

  • 実際に行ってみた
  • 実際にやってみた
  • 実際に〇〇に聞いてみた
  • 実際に〇〇から改善した

 

共感性を持たせる

共感性とはその名の通り、ユーザーの悩みに共感するということです。

 

そうすることで、「この記事は私と同じ悩みを持っていてそれを解決した人が書いているんだ!」という考えになり、記事を読み進めてくれます。

 

共感性を持たせるための簡単な方法は、口語表現です。

 

ユーザーが実際に悩んでいる事を口語表現で導入文に2〜3個書きましょう。

 

(例)

  • 「◯◯は高くて手が出せない…」
  • 「◯◯は肌が荒れそう…」

 

ユーザーの未来をイメージさせる

ユーザーがこの記事を最後まで読んだらどんな未来が待っているのかをできるだけ具体的に書いてあげましょう。

 

何度もユーザーは悩みを解決したくて答えを探しています。

 

なので、最後まで読むとこんなに明るい未来が待っているんだ!とイメージしてもらうことで、記事を読み進めてもらいやすくなります。

 

(例)

  • 今回ご紹介する方法を実践すれば、口臭がなくなって対面でも堂々と話ができ、交友関係もうまくいくようになりますよ♪

 

導入文のテンプレート

ここまでご紹介したポイントを踏まえて、導入文のテンプレートにしてみました!

 

  1. メインキーワードを2回以上入れる
  2. できるだけターゲットを明確にする
  3. 権威性を持たせる
  4. 共感性を持たせる
  5. 記事の内容を紹介する(3つくらいにまとめる)
  6. ユーザーの未来をイメージさせる

 

キーワード:シミ 自宅 消す方法

タイトル:シミを自宅で消す方法を紹介!

ペルソナ:

  • 30歳女性
  • 5歳の男の子供と夫の3人暮らし
  • 世帯年収560万円
  • 飲食店ウェイター
  • 週休2日制
  • 休日は家事や子供の用事におわれる生活
  • お金も時間も自分より子供が優先

 

<テンプレート>

30歳を越えた頃から急に目立ってきたシミに悩まされていませんか?あなたにも突如として現れたシミに思わず驚いてしまった経験があるのではないでしょうか。

 

子供がいて皮膚科や美容外科に行く時間がない…」

「レーザーで手っ取り早く消したいけど高額すぎる…」

シミに効く化粧品がたくさんあって選べない…」

 

私も前までは自分のシミのせいで人と話す際も、相手の目線が気になって会話に集中することができませんでした。

 

ですが、皮膚科で治すこともなく自宅である事をしてシミを薄くすることができました。

 

なので、今回は以前までの私と同じ悩みを持っているあなたのために、

  • 自宅シミ消す方法
  • これ以上シミを増やさない予防方法
  • オススメのシミを消す化粧品

についてご紹介します。

 

今回紹介するシミ自宅消す方法を試していただければ、あなたも人の目を気にすることなく堂々と対面で会話やお出かけができるようになりますよ♪

 

ディスクリプションのテンプレートはこれ!

 

ディスクリプションのポイント

ディスクリプションを作成する際は、以下のポイントを踏まえて作成してください。

 

  • ディスクリプションは120文字までしか表示されないので、120文字以内でおさめるようにしましょう。
  • 簡潔に、ユーザーに記事の内容が伝わるようにする。
  • キーワードを入れる。

 

私は導入文を文字数カウンターのツールに直接コピぺして、そこから120文字になるまで文字を削っていきながら文章を変えたりして作成しています。

 

ディスクリプションのテンプレート

以下の3つの内容を入れると作りやすいですよ♪

  1. ユーザーへの問いかけ
  2. 記事の内容
  3. 記事への誘導

 

顔にできたシミを消したいけど時間もお金の余裕もない!と悩んではいませんか?
そんな仕事や子育てで忙しい女性でも簡単にできる自宅でシミを消す方法をご紹介します!
時間やお金をかけずにシミを消したい方は是非ご覧ください。   ⋯106文字

 

終わりに

今回は、導入文とディスクリプションの作成方法をご紹介しました。

 

<導入文に入れる内容>

  • メインキーワードを2回以上入れる
  • できるだけターゲットを明確にする
  • 権威性を持たせる
  • 共感性を持たせる
  • 記事の内容を紹介する(3つくらいにまとめる)
  • ユーザーの未来をイメージさせる

 

<ディスクリプションに入れる内容>

  • ユーザーへの問いかけ
  • 記事の内容
  • 記事への誘導

 

以上の内容を入れて作ればどちらも簡単に作れるので是非参考にしてみてください。