アフィリエイト

代替テキスト(alt属性)とタイトル(title属性)の役割や付け方

代替テキストと画像タイトルの役割

記事中に画像を挿入する際、目にする『画像タイトル/キャプション/代替テキスト/説明』の項目⋯

なんとなく入力した方がいいことは知っているけど、それぞれの意味もよくわかんないし⋯なんて理由で空欄のまま記事を投稿されていませんか?

 

それはもったいないです!

 

今回は、中でも重要な『画像タイトルと代替テキスト』について解説します。

 

最後まで読んでいただければ、画像タイトルと代替テキストの役割や、具体的に何を入れたらいいのかがすっきりと解決できるはずですよ。

 

代替テキスト(alt属性)の役割や付け方

まずは、代替テキストについて解説していきます。

代替テキストの役割

画像SEOで特に重要になるのが代替テキストです。

主な役割について4つご紹介します。

 

クローラーに認識させる

Googleのクローラーは、文字を認識することができても、画像そのものを認識することができません。

 

そのため、代替テキストにキーワード入れてあげることで、クローラーがキーワードによって画像の内容を認識してくれるようになるため、必ず入れるようにしましょう!

 

画像検索からの流入が期待できる

代替テキストに柴犬というワードを入れておくと、Googleの画像検索で「柴犬」と検索した際に画像が表示されます。

 

そこから画像に興味を持ったユーザーが記事に入ってくれば、結果的にGoogleの評価が上がるため、SEOの効果があるということになります。

 

音声読み上げソフト

代替テキストを入れておくと、音声読み上げソフトが代替テキストに入力した言葉を読み上げてくれるため、ブログを見なくてもどんな画像が貼られているのかを認識することができます。

 

トラブル対策

ブログを開いた際に画像が表示されないなどのトラブルの際に、何の画像を貼っていたかが代替テキストによってわかります。

それによって迅速に原因を突き止めたり、対策をしたりすることが可能になります。

 

 

代替テキストの付け方

代替テキストは、画像をクリックすると鉛筆マークが表示されるので、更に鉛筆マークをクリックすると出てきます。

↓ ↓ ↓

 

代替テキストには、簡潔で説明的な文章を入れましょう。

上の画像の場合であれば、『お昼寝をしている柴犬』になります。

 

代替テキストの注意点

代替テキストをつける際には、4つの注意点があります。

 

簡潔にすること

「地面の上で気持ちよくお昼寝をする柴犬の太郎」のように、「地面・気持ちよく・お昼寝・柴犬・太郎」とキーワードを乱立させてしまうと、Googleにスパム行為と判断されてしまい、評価を下げられてしまう可能性があるのであくまでも簡潔にすることを心がけましょう。

 

説明的な文章にすること

簡潔で説明的な文章がふさわしいとされているので、「昼寝・柴犬」のようにキーワードのみの登録はしないようにしましょう。

 

なるべく具体的な名詞を使うこと

さらに、「柴犬」ではなく「犬」と登録した場合、犬の方が大きなカテゴリーとなるため、Googleの画像検索した際に膨大な犬の画像が検索結果に出てきてしまい、他の画像に埋もれてしまいます。

 

なので、ここでは具体的な柴犬と明記した方が、画像検索結果に表示される可能性が高くなり、画像検索からブログ記事への流入がされやすくなるのです。

 

画像周辺の文章は関連性の高い内容にする

装飾目的などによって、記事の内容にあまり関係のない画像を記事に入れる場合もありますよね。

ですが、Googleの画像検索は、画像周辺の文章も参考にしているため、記事の内容と画像が合っていないと画像検索にひっかからない場合もありますし、そのような記事はGoogleもいい評価をしません。

 

なので、この場合は、代替テキストを入れないという選択肢を選びましょう。

 

画像タイトル(title属性)の役割や付け方

 

画像タイトルの役割

代替テキストほどSEOに影響はないとされています。

 

ですが、画像タイトルを登録しておくと、記事中の画像にカーソルを合わせた際に表示されるツールチップとしての役割があるため、ユーザーにたいして画像の内容を伝えることができます。

 

代替テキストは主にGoogleに認識してもらうもの。

それに対して、画像タイトルは記事を読んでくれているユーザーに画像の意味を認識してもらうものと考えていただければわかりやすいかと思います。

 

タイトルの付け方

画像にタイトルを登録する場合は、『メディアを追加』で登録したい画像を選択すると、画面右側に表示されるので、そこから画像タイトルを入力します。

↓  ↓  ↓

 

画像タイトルに入れる文章は、画像についての補助的な説明を入れるとされていますが、私は代替テキストも画像タイトルも、画像について説明するという点は変わらないので、どちらも同じ文章で問題ないと考えています。

 

終わりに

今回は、代替テキスト(alt属性)と画像タイトル(title属性)について解説しました。

 

まとめると、

  • 代替テキスト=Googleに認識してもらうためのもの(簡潔で説明的な文章にする)
  • 画像タイトル=ユーザーに理解してもらうためのもの(代替テキストのコピペでOK!)

このようになります。

 

たとえ、少ししかSEOの効果がないとされているものでも、積み重なれば大きな効果を発揮してくれるはずなので、細かいことでもコツコツやっていきましょう。